FX初心者がゆっくり投資で資産運用にチャレンジするブログ

FX初心者が、FX口座を作ってFX取引を始めてからの経緯を記録。

FX初心者の私がはじめてFX口座を開設する際に比較した国内FX業者4社の比較表と私なりの選定ポイント

f:id:burnworks:20161110161906j:plain

私がFXを初めて(FX口座を作って)からこの記事を書いている時点でまだたったの2、3週間しか経っていないので偉そうなことを語れる立場ではありませんが、これからFX口座を作ってFXを始めようと思っている人にとって、どこでFX口座を開設すればよいかは迷うところかもしれません。実際に私も最初はどこで口座を作ればよいのか、というより「FX業者によってなんか違いはあるの?」という点で少し迷いましたので。

といいつつも、少し検討しただけで大して悩まずにさっさとFX口座を作ってしまった私ですが、一応4社ほど国内で人気のあるFX業者さんをピックアップして比較しました。折角ですし、これからFX口座を作ろうと思っている私と同じFX初心者の人たちの参考になればということで、FX業者の比較表と、私がどこをポイントにFX口座を開設するFX業者を選んだかについて書いておこうと思います。

最初にピックアップしたFX業者4社

FX口座を開設するに当たってピックアップした4社は下記の通り。もう、誰でも知っている国内で人気のFX業者を上から数えたらこの4社って言ってもいいくらいの業者さんばかりなので、特に目新しいところはないと思いますけども、基本的には人気があって口座開設数が多いFX業者を選ぶのが初心者には重要です。

あと一応、くりっく365口座についてもちょっと調べて下記の2社をピックアップしましたが、結局くりっく365のメリットが私にとってはあまり感じられなかったので口座開設まではしていません。

くりっく365について調べたときの経緯などは下記の記事で書いています。

blog.fx-challenge.net

人気のFX業者から選ぶ理由

FX業者は沢山あって、手数料、スワップ金利、取引可能な通貨ペア、取引ツールの充実度、取引通貨単位とレバレッジといったところから、システムの安定性や会社としての信頼度まで、沢山の部分を比較してどこにFX口座を開設するかを決める必要がありますが、私のようなFX初心者にとっては、あまり細かい部分まで比較検討するほど経験がないですし、例えば取引ツールの充実度なんて言われても初めて取引するわけで何を持って充実しているかなんてわかりません。

なので、FX初心者が一番最初に口座を開設するなら、とりあえず多くの人が口座を開設していて支持されているFX業者、つまり人気があるFX業者数社だけに絞って、その中で検討するのがよいと思いますし、実際に私もそうしました。

なぜなら、人気があるFX業者はそれだけ多くの取引を日々さばいているわけですので、取引に関するシステムについてもしっかりと強化・メンテナンスされていますし、取引ツールなども必然的に開発に力が入って日々ブラッシュアップされていきます。多くの投資家が利用してお金が集まっていれば、単純にfX業者は儲かるわけで、経営不振に陥る可能性も基本的には低くなります。また、利用している人が多ければ、何か調べたいときにも情報が集まりやすいというメリットもあります。初心者はみんなが多く集まる場所にまずは混ぜてもらった方が安心ということですね。

私がFX口座開設を検討した国内FX業者4社の比較表

私がFX口座開設を検討したFX業者さんをわかりやすく比較する表を下記に作ってみました。私が調べられる範囲で調べましたので、少しデータが古いものもあるかもしれませんが参考までに。

スプレッドや最低取引通貨単位は通貨ペアによって変わる場合があるのと、信用度と総合評価については完全に私の主観ですのでご了承ください。

FX業者名 DMM FX 外為ジャパン GMOクリック証券 FXネオ 外為オンライン FX
運営会社 DMM.com証券 GMOクリック証券株式会社
(親会社:GMOインターネット株式会社)
株式会社外為オンライン
(親会社:株式会社ISホールディングス)
株式上場有無 非上場 非上場(親会社:東証一部) 非上場
口座数 計507,0097口座(2016年3月時点) 459,402口座(2016年10月時点) 443,793口座(2015年度末時点)
証拠金残高 947億7300万円(2016年3月時点) 1,197億5000万円(2016年10月時点) 801億3800万円(2015年度末時点)
自己資本規制比率 867.2%(平成28年9月末時点) 497.0%(2016年9月末時点) 661.4%(2016年9月末時点)
資本金 98億円(2016年11月時点) 約43億円(2016年11月時点) 3億円(2016年11月時点)
証拠金委託先 日証金信託銀行株式会社
株式会社SMBC信託銀行
三井住友銀行
みずほ信託銀行
三井住友信託銀行
日証金信託銀行
三井住友銀行
みずほ信託銀行
信用度
(あくまで著者の主観)
A A+ B
通貨ペア(種類) 全20通貨ペア 全15通貨ペア 全18通貨ペア 全24通貨ペア
スプレッド
(取引コスト)
0.3銭(米ドル/円) 0.3銭(米ドル/円) 0.3銭(米ドル/円) 1銭(米ドル/円)
口座開設
維持手数料
無料 無料 無料 無料
取引可能時間 月曜午前7:00~土曜午前6:50
(サマータイム時 土曜午前5:50)
月曜午前7:00~土曜午前6:50
(サマータイム時 土曜午前5:50)
月曜午前7:00~土曜午前7:00
(サマータイム時 土曜午前6:00)
月曜午前7:00~土曜午前6:55
(サマータイム時 土曜午前5:55)
最低取引通貨単位 10,000通貨単位 1,000 / 10,000通貨単位 10,000通貨単位 1,000 / 10,000通貨単位
レバレッジ 25倍固定 25倍固定 1倍~25倍 1倍~25倍
モバイル対応
(スマホアプリ)
ロスカット 証拠金維持率が50%を下回った場合 証拠金維持率が60%を下回った場合 証拠金維持率が50%を下回った場合 証拠金維持率が100% or 20%を下回った場合(コースにより異なる)
注文タイプ 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFD+OCO / FIFO 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFD+OCO / FIFO スピード注文 / 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFD+OCO 成行 / 成行+OCO / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFD+OCO / トレール / リバース / オフセット注文® / iサイクル注文® / サイクル注文
キャンペーン
(現時点で実施中のもの)
新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック 新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック 新規口座開設で最大25,000円キャッシュバック 新規口座開設で5,000円キャッシュバック
総合評価
(あくまで著者の主観)
A A A B

私がFX口座開設時に重視した3つのポイント

上記の表を見ていただくとわかるとおり、主要なFX業者間ではサービス内容にほとんど差はないといってもいいくらいです。取引ツールの充実度も基本的にはほぼ同じレベルですし、システムの安定度もこのクラスのFX業者ならほとんど問題ありません。

私もそうでしたが、FX初心者が口座開設する際のポイントとしては、下記の3点だけ見ておけば十分だと思います。それ以外はFXに慣れてこないことには大して関係はありませんので。

  1. 最低取引通貨単位が1万通貨(1Lot)でよいか、1,000通貨(0.1Lot)がよいか
  2. レバレッジは25倍固定で問題ないか、指定できるのがよいか
  3. 取引にかかるコスト(スプレッド)はいくらか

上記のうち、(1)(2)については、同じDMM.com証券でも「DMM FX」は1万通貨単位 / レバレッジ25倍で固定ですが、「外為ジャパン」なら、レバレッジは25倍固定で変わらないものの、1,000通貨単位での取引が可能ですので、FXを始めるにあたって最初のうちは小さい取引から始めてみたいという人にはこちらの方がよいかもしれません。

また、「GMOクリック証券 FXネオ」であれば、最低取引通貨単位は1万通貨になるものの、こちらはレバレッジが変更できます。25倍だと怖いという方は、レバレッジ5倍程度からFX取引を始めてみると練習にはよいかもしれません。

最も柔軟性があるのは「外為オンライン FX」です。こちらは利用するコースに応じて、1,000通貨、または1万通貨単位での取引が選択できますし、レバレッジも指定することができます。

私の場合は細かくレバレッジを指定したりはどうせしないだろいということで、シンプルな「DMM FX」を一番最初のFX口座開設先として選択しましたが、その後で「外為ジャパン」にも口座を作っています。これは別の通貨ペアでちょっと試してみたいときに、1,000通貨という小さい単位で試せる「外為ジャパン」が適しているかなと思ったためです。まだ実際に取引はしていませんけども。

また、取引時にかかってくるコストとしてスプレッドは重要です。特に取引回数が多いほど、このコストが高いと利益に影響しますので。上で挙げたFX業者さんは概ね 0.3銭(米ドル/円の場合)とかなり安い金額に設定されていますが、「外為オンライン FX」だけ 1銭(米ドル/円の場合)と少し高いので注意が必要。あと通貨ペアによってスプレッドは変わりますので、自分が主に取引したい通貨ペアのスプレッドは事前に確認しておくとよいかもしれません。

私の場合はスワップ金利はあまり重視していない感じで運用していますので、上の表にはスワップ金利関係のデータを入れませんでしたが、そこを重視する人は別途調べた方がいいですね。

キャッシュバックキャンペーンについて

各FX業者とも、新規口座開設にプラスして特定の条件を満たした場合、5,000円~25,000円のキャッシュバックがもらえる新規口座開設キャンペーンを行っていますが、単に新規で口座を開設しただけではだめで、初回入金金額を指定の金額以上と、指定の取引通貨単位を超えた場合という条件付きです。

キャッシュバックキャンペーンについては下記の記事で書いていますので参考まで。あまりこれを目当てにFX口座の開設先を選ぶのはやめた方がよいと思います。あくまで上記した内容を基に検討した上で、「運がよければキャッシュバックももらえる」くらいに考えた方がよいでしょう。

blog.fx-challenge.net

少しでもお得にFX口座を開設したい方へ

各FX業者のキャッシュバックキャンペーンは少し難易度が高いのですが、もっと少ない手間で確実にキャッシュバックをもらいながらFX口座を新規開設する方法について下記の記事で書いています。

blog.fx-challenge.net

この記事で出てきたFX専門用語について

これからFX口座を開設しようという初心者の人にとっては、この記事で書いた用語がそもそもわからないという人もいるかもしれません。そういう人には下記の記事が参考になるかもしれませんよ。

blog.fx-challenge.net

あわせて読みたい

blog.fx-challenge.net

blog.fx-challenge.net