FX初心者がゆっくり投資で資産運用にチャレンジするブログ

FX初心者が、FX口座を作ってFX取引を始めてからの経緯を記録。

FX初心者がFXで資産運用を始めるに当たっての現実的な利回り(目標リターン)を考える

f:id:burnworks:20161111000024j:plain

このブログを始めたときに一番最初に書いた記事の通り、私は、『「損を出さないこと」をまず第一に、「長期的な視点」で、通常の株式投資や投資信託のように、利回りを考慮しつつ、手堅く資産形成を行うことを目的としたFX投資』を目指しています。

blog.fx-challenge.net

ですから、よくFX関連の情報で見るような、「月に200%のリターン!」だの、「1年間で資産1億円!」のような話については全く興味がありません。そんな驚異的な利回りでみんなが運用できるなら苦労はないですし、そういう情報を売っている方々については、そんなに儲かるならせこせこと何万円かで情報商材売ってないでご自分で実践して億万長者になったらいいんじゃないですかくらいにしか思っていません。

そういう大儲けできますよっていう話はひとまず置いておいて、FX初心者の私がFXを始めるに当たって目標と決めた利回りと、その根拠について今回は書いてみようと思います。

まずは年利20%を目標にFXを運用してみる

まず結論から書くと、私がFXを始めるに当たって立てたFXでの目標利回りは、年利20%です。つまり、100万円の投資で、年に20万円の利益を出すことを目標にします。毎月でならすと、17,000円弱の利益を出せばよいということになります。もしあまり最初から大きな金額を使えない場合で、10万円からスタートしたとすれば、毎月1,700円弱だけ勝つことを目標にすれば年利20%で回りますね。このくらいの利益なら無理なく狙えると思いませんか?

なぜ「20%」なのかについてですが、以前から私が投資している投資信託では、過去5年間の平均的な運用実績で、年10%以上の利回りを出していれば概ね優秀な運用実績と言われる点や、FX投資を専業でやられていて、コンスタントに優秀な成績を出す方で20%~40%くらいの利回りという話を聞いて、それであれば、投資信託よりは高く、FX投資のプロの方よりは低い、両者の中間地点で切りがよい「20%」という感じで決めました。

その上で、年利20%で運用するための毎月の利益目標を出してみたところ、上記した月に17,000円程度、毎週5,000円弱の利益目標になるということで、それくらいなら最初に設定する目標としては、高すぎず低すぎずちょうどよいかなと考えたのが大きな理由です。目標は高すぎてもいけませんし、かといって低すぎると簡単に達成してしまったときに欲がでてもうちょっといけるんじゃないかと無理な取引に走りがちです。ちょっと頑張らないと届かないくらいで設定しておくのがよいのではないかなというのが個人的な考え方です。

この年利で運用した場合、100万円で投資をスタートすれば、1年後には120万円、5年後には当初の倍となる200万円の資産が形成できます。もちろん、これは毎年100万円だけを元手に投資を続けた場合なので、実際には投資で出た利益も再投資することで利回りは同じ20%でも、利益の額はもう少し増やせるでしょう。

FXというと一攫千金のようなイメージが付いてしまっているため、人によっては「5年もかかってたったの100万円しか増えないのかよ」と思う方もいるかもしれませんが、年利20%で回して5年で資産が倍というのは相当すごいことなんですけどね。

私も実際にこの目標が達成できるかはわかりませんが、まずはこれを目標に進めていっています。今のところ -といってもまだ私がFXを初めて1ヶ月も経っていませんが- 初月については目標利益を大きく超えて終わることができそうですので、順調な入りができました。

目標値を決めておくとよいことは、勝った場合でも調子に乗って無茶なトレードをしなくなるという点と、負けたとしても目標値に対する達成度だけ気にしていけばよいので、勝ち負けに関わらず、冷静に取引に望める点ではないでしょうか。この指標となる目標値がないと、なんとなく勝って、なんとなく負けるという感じになりがちです。

FX初心者ほど最初に指標となる目標値を決めた方がよいと思いますね。